HOME > 歯周病治療・親知らず

歯周病治療・親知らず

歯周病治療について

歯周病は自覚症状の少ない病気です 定期的な検査で予防と早期発見に努めましょう
歯周病は自覚症状の少ない病気です 定期的な検査で予防と早期発見に努めましょうのイメージ

歯周病は、日本人の成人の80%が感染しているという報告もあります。歯周病の主な原因は、お口の中にいる細菌で、うがいだけでは除去する事が出来ません。
また、きちんとブラッシングが出来ていないと、歯垢や歯石が溜まり、その中にいる細菌が繁殖して歯肉に炎症をおこし、進行が進むと歯を支えている骨まで溶かしてしまい、放っておくと歯が抜けてしまう怖い病気です。しかも、痛みがないので、初期段階であれば、自覚症状が殆どありません。

「歯肉が腫れている」、「歯ぐきから出血する」というような自覚症状が出た時には、歯周病が既に進行しているケースが少なくありませんので、「自分は大丈夫」と考えず、歯周病検査を定期的に受ける事が大切です。

歯周病の進行について

歯周病の進行度合い

歯周病は、歯肉炎→軽度歯周病→中度歯周病→重度歯周病と進んで行きます。
初期段階であれば、歯石や歯垢を綺麗に取り除く事で、ほとんど治りますが、症状が重くなると、歯石除去だけでは治らず、場合によっては外科的な処置を行う事があります。

~歯肉炎から中度歯周病~基本的な歯周病治療

歯周病の治療の基本は、 歯に付着している歯垢や歯石を綺麗に取り除く事です

歯周病はプラーク(歯垢)や歯石が原因で起こります。
しっかりと取り除くことで歯周病を治療していきます。
主に、下記のような治療を行うと、中度歯周病の方は、治癒させる事が可能です。

ブラッシング指導

歯周病の予防や治療には、日々のプラークコントロールが重要です。
しっかりと磨いているつもりでも、磨き残しや、磨き癖があり、正しくブラッシングが出来ていない場合もあります。
患者さん、お一人お一人に合せたブラッシング方法をご案内いたします。

歯のクリーニング(PMTC)

歯ブラシでは取り除く事ができない汚れを、歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を使い、隅々まで汚れを取り除き、歯周病の細菌の繁殖を防ぎます。

スケーリング&ルート・プレーニング

超音波スケーラーや、手用スケーラーなどの器具を使用して、歯周ポケットの中から、汚れや歯垢、歯石を取り除きます。
歯周ポケットの中を綺麗にすることで、歯周病菌の繁殖をおさえ歯周病の予防と、進行抑制を図ります。

~重度歯周病~歯周病が進行してしまった場合の治療方法

重度の歯周病の場合、溶けてしまった歯槽骨(歯を支えている骨)は、特別な治療を行わなければ、再生する事ができません。

歯槽骨の再生療法 (GTR、エムドゲイン)

溶けてしまった歯槽骨(歯を支えている骨)を再生するための治療方法に、「GTR」「エムドゲイン」といった方法があります。
薬剤を溶けてしまっている骨の部分に塗布し、骨の再生能力を発揮させ、骨を再生する方法です。

歯ぐきの移植手術 
≪FGG(遊離歯肉移植, Free Gingival Graft)CTG (結合組織移植, Connective Tissue Graft)≫

歯根の周りの歯肉が少ない場合や、歯ぐきがやせている場合に、他の箇所の歯肉を切り取り、移植し、歯ぐきを増やす方法です。移植することで、やせた歯ぐきを太らせます。

※上記はすべて、自費診療になりますので、詳しくは医師とご相談ください。

安心して治療を受けて頂くためにカウンセリングにしっかり時間をかけています。 Keyaki Dental Clinic けやき歯科 10:00~13:30,14:30~18:00 月火水木土 19:00~22:00 月火水木 電話番号 ホームページを見たとお伝えください 044-953-5415 小田急線「読売ランド前」駅南口目の前