HOME > 虫歯

虫歯

虫歯について~痛いと感じたら早めに歯科医院へ~

虫歯について~痛いと感じたら早めに歯科医院へ~のイメージ
痛みの少ない治療についてはこちらから
治療が痛そうで怖いと虫歯をそのままにしていませんか?

虫歯の治療は、削る時にキーンという音がして不快だったり、痛い思いをする印象があり、歯科医院から足が遠のいていませんか?
虫歯は放置していても、治る可能性はとても低く、初期の段階であれば簡単な治療で終わるケースがほとんどです。
虫歯がひどくならないうちに歯科医院での治療をお勧めいたします。
当院では、なるべく痛みや不快感を感じないように治療を行っています。

虫歯の原因について

一番多い原因は食べカスの磨き残しです!
食べカスをきちんとブラッシングできていないことで、歯に汚れが溜まりプラーク(歯垢)が発生して虫歯になります。

虫歯の進行具合について

虫歯は少しずつ進行していきます。
初期段階(C0)であれば、削らずに治療を行う事が可能ですが、それ以上に進んでしまうと
削らなければならない事がほとんどです。
歯は一度悪くなってしまうと、元の状態に戻らなくなってしまいます。
早い段階で発見し、治療を行うことが望ましく、
歯科検診を受けるなどしてなるべく初期の段階で治療できるように心がける事が大切です。

C0の虫歯ですと、フッ素入り歯磨きを使い再石灰化させることが可能です。
しかし、自覚症状がほとんどないため、歯科検診を受けていないと気づかれることが少ない虫歯です。

C1~2の虫歯になると「歯がしみる」などの自覚症状があります。虫歯を綺麗に取り除き、詰め物を行います。

C3の虫歯では、虫歯が神経まで達している状態で、自覚症状として激しい痛みなどがあります。
根管治療を行い、歯の根の奥まで達している虫歯菌を綺麗に取り除き、虫歯の大きさに合わせ、詰め物やかぶせものを行います。(根管治療についてはこちらから

C4の虫歯になると、虫歯が歯の根元まで進行し、歯茎から上の歯がほとんどなくなっている状態です。
根管治療を行い、被せ物を行いますが、虫歯菌が深いところまで進行していると、場合によっては抜歯が必要な事もあります。

痛みの少ない虫歯治療を

表面麻酔のイメージ
表面麻酔

針をさす時には、どうしても痛みを伴います。そのため、表面麻酔を行い痛みを和らげます。
表面麻酔を歯肉に塗りしばらくすると、感覚がなくなりますので、針を刺す時の「チクッ」とする痛みが少なくなります。

電動麻酔の使用のイメージ
電動麻酔の使用

麻酔液を注入する際の器械です。
麻酔の針も非常に細く、麻酔液を注入する際も時間はかかりますが、一定に注入されていきますので、痛みや不快感を大幅に軽減できます。

根管治療について

根管治療についてのイメージ

根管治療は、虫歯菌が歯の神経まで進行してしまった場合に行う治療方法です。
歯の根の部分を特殊な器具を使用して、虫歯菌を綺麗に取り除き被せ物をします。
時間がかかりますがしっかりと治療を行えば抜歯をする必要がなくなります。

治療後の詰め物や被せ物について

保険治療で綺麗な白い歯にのイメージ
保険治療で綺麗な白い歯に
虫歯の治療を行った後には、詰め物や被せ物を行う必要があります。
虫歯が大きい場合には「銀歯」の詰め物や、
被せ物にするケースがほとんどです。
しかし「銀歯」に抵抗がある方は多いのではないでしょうか?
そんな方には、リーズナブルに白い歯にできる
「コンポジットレジン充填」がおすすめです。
当院では、1回の治療で本来の歯に近い見た目、色に仕上げる事が
可能です。銀歯に抵抗がある方は、是非ご相談ください。
安心して治療を受けて頂くためにカウンセリングにしっかり時間をかけています。 Keyaki Dental Clinic けやき歯科 10:00~13:30,14:30~18:00 月火水木土 19:00~22:00 月火水木 電話番号 ホームページを見たとお伝えください 044-953-5415 小田急線「読売ランド前」駅南口目の前