けやき歯科BLOG

2013年10月31日 木曜日

☆送別会☆読売ランド前 歯科 けやき歯科のブログ

受付の太田です(^ー^)♡

昨日は一緒に受付を頑張ってくださっていた岡村さんの送別会をしました。3ヶ月という短い間でしたが大変お世話になりました。

私にとって岡村さんは、初めて受付業務を教えさせて頂いた方でした。
もっと長い間一緒に働き、色々なことを共有していきたかったなと残念な気持ちもありますが、幸せになってください♡♡♡

これからは環境が異り大変なこともあるかもしれませんが心機一転頑張ってくださいね♪
ご活躍をお祈り申し上げますo(^-^)o

そしていつでもけやき歯科に遊びにきてくださいね♥

投稿者 読売ランド前駅すぐの「けやき歯科」 | 記事URL

2013年10月26日 土曜日

☆口内炎☆読売ランド前 歯科 けやき歯科のブログ

歯ぐきや口の粘膜に炎症ができて、なかなか治らず、しょっぱいものや酸っぱいものがしみてしかたない、このような経験がみなさんもおありかとおもいます。

今日は私が悩まされている口内炎のお話です。今一番の天敵はお醤油とポン酢です(;o;)


■ 口内炎とは?
口内炎とは口の中数カ所以上に炎症がある症状を広い意味であらわす言葉です。その中には、疱疹性口内炎やワンサン口内炎・再発性アフタなどがあります。
どのような状態になるかというと、口の中や歯ぐきに、水疱やただれ、潰瘍、白くなたようにみえる偽膜、紅斑などができます。

そして触れると強い痛みがあり、唾液が多くでたり、顎の下のリンパ節などの腫れや発熱をともなうこともあります。

■ 原因は?
原因はさまざまですが、ウイルスや感染によるものや、再発性アフタのように原因が不明なものもあります。これはほっぺたや唇の粘膜、歯ぐきにできる私たちがよく出会うタイプの口内炎です。触ると激しく痛みますが、1〜2週間程度で治ってきます。
アレルギーやストレスなどが原因とすることもあります。また、適合の悪い被せ物や尖った歯により粘膜が傷つけられることが原因となる口内炎もあります。

■ 治し方は?
微生物の感染による場合には、抗生物質の投与を行い、 被せ物や歯の形が原因の場合には、それを治すことで改善させることができま す。
原因がよくわからない再発性アフタなどの場合は、ステロイド入りの軟膏を繰り返し塗ったり、ビタミンBなどを投与します。
一時期治っても、また繰り返し出てくる場合もあり、少しばかりやっかいな病気です。


私もアフタゾロンという軟膏を処方していただいたのでこれを塗って、ビタミンBをとって休みます...zzzzz
写真は最近お気に入りのかわいい顔パック♡♡♡
肌のお手入れ後にほっぺたにのせてますo(^-^)o

投稿者 読売ランド前駅すぐの「けやき歯科」 | 記事URL

2013年10月24日 木曜日

♡感謝のきもち♡読売ランド前 歯科 けやき歯科のブログ

おはようございます。受付の太田です(*^ー^)

最近、毎日のようにブログ読みました♡と患者様からお声をかけていただき大変感謝しております。
読んでくださる方がいらっしゃったことがとても嬉しかったです。ありがとうございます。

楽しいことがあったなと思うと、心配事がやってきて、うまくいったなと思うと壁にぶつかるそんな毎日ですが…♡
患者様からのお言葉を励みにこれからも成長していけるよう努力していきたいと思いました。
これからもよろしくお願いいたします。


受付アイテムが増えました♡♡♡
写真右はスタッフの田中さんです(๑•ᴗ•๑)

投稿者 読売ランド前駅すぐの「けやき歯科」 | 記事URL

2013年10月24日 木曜日

☆永久歯☆読売ランド前 歯科 けやき歯科のブログ

今日は昨日記載しました乳歯と世代交代していく大人の歯、永久歯についてのお話です♡

永久歯が生えてくるのは6歳頃からで、すべて生えそろうのは15歳ぐらいです。
この永久歯の数は親知らずを除くと上下14本ずつで、この永久歯の生えてくる順番は、まず乳歯の一番奥の歯の後ろ側に6歳臼歯が生え、その後に乳歯の前歯→ 横の歯→ 最後に6歳臼歯の後に、一番後の歯が生えます。

永久歯は一生大事に使い続けるものです。それゆえ、常に健康な状態に保つことが大切なのですね。

衛生士の遠藤さんも、『この時期のパパやママによる仕上げみがきがとても大切です。』と話してくれました。ちなみに…。
写真のモデルはお嬢さんです(^-^)
6歳臼歯が生え始めて、毎日はみがきを頑張っているそうです。 可愛らしいですね♡


また、齲蝕や歯周病には必ずサインがあります。鏡でのぞいたり、食事のときに何か変化に気づいたら歯科医に相談することが大切です。
つまり、予防や早期発見・早期治療が歯を長い間使い続けるための秘訣なのです。



■ 永久歯の特徴

①永久歯の合計数は28本(親知らず4本を含めると32本)

②根がしっかりしていて太い

③色は乳白色

④歯の頭は、乳歯より大きくて高さがある

⑤エナメル質・象牙質が乳歯より厚い

⑥歯の大きさに対し、神経の入っている(歯髄腔)がせまい

永久歯についてのお話でした(^ー^)


今日も一日お疲れさまでございました。
それではおやすみなさい☆彡

投稿者 読売ランド前駅すぐの「けやき歯科」 | 記事URL

2013年10月22日 火曜日

☆乳歯ってなに?☆読売ランド前 歯科 けやき歯科のブログ

今日は子供の歯についてのお話です。

6歳くらいから徐々に抜け落ち、大人の歯と交代する乳歯。子供の成長に大切な乳歯とはどのような役割があるのでしょうか(^o^)

乳歯は、出産後6〜8ヶ月くらいから生え始め、すべて生えそろうのは3歳くらいです。本数は上下10本ずつで、前歯・奥歯の順で顔を出します。

■ 乳歯の特徴
乳歯は大人の歯が生えそろうまで、食べて・飲んで・話して・噛んだりするすることを通じて、頭の骨の成長や脳の発達を助けたりします。

① 数は合計20本

② 色は乳白色や青白色

③ 歯の根(歯根)が曲がったり開いている
→乳歯の根の近くには、永久歯の歯胚があり、それが成長するに従って乳歯の根が吸収はさていきます。

④ 歯の頭は大きくて、根は短い

⑤エナメル質や象牙質が永久歯より薄い

⑥ 神経の入っているところ(歯髄腔)が大きい

乳歯は永久歯と生え替わります。
しかし、毎日の歯みがきをきちんとして、乳歯が自然にその役割を終えることができるようにがんばりましょう♡♡
写真は、衛生士 遠藤さんの愛娘さんです(^ー^)

投稿者 読売ランド前駅すぐの「けやき歯科」 | 記事URL

安心して治療を受けて頂くためにカウンセリングにしっかり時間をかけています。 Keyaki Dental Clinic けやき歯科 10:00~13:30,14:30~18:00 月火水木土 19:00~22:00 月火水木 電話番号 ホームページを見たとお伝えください 044-953-5415 小田急線「読売ランド前」駅南口目の前
お問い合わせ・ご予約 044-953-5415
カード情報

大きな地図で見る■住所
神奈川県川崎市多摩区西生田3-9-27リュミエール2階
■受付時間
 9:00~13:00/14:00~17:30
18:30~22:00
■電話番号
044-953-5415

詳しくはこちら