けやき歯科BLOG

2019年6月21日 金曜日

☆えみのき保育園で歯科検診&歯科指導☆

こんにちは、山中です。

みなさま「歯と口の健康週間」ご存知でしょうか?

6月4日は6(む)と4(し)の語呂合わせで、「むし歯予防の日」と言われています。

また、6月4~10日までの1週間は、厚生労働省・文部科学省・日本歯科協会などが「歯の衛生週間」を実施しています。
けやき歯科も生田駅から徒歩5分、昨年春開園した木のぬくもりたっぷりの「えみのき保育園」へ歯科検診、歯科指導に行かせていただきました。

今回で2回目の検診になります。
0歳から2歳までのかわいいお友達、みんな上手にお口を見せてくれました。
前回泣いてたお友達も泣かずにお口あけてくれたり、子どもたちの成長ぷりにびっくりです。

また、別の日には2歳児クラスさん対象の歯科指導も行いました。

園長先生に歯みがきの紙芝居を読んでいただき、さすがプロです!
みんな夢中になってました。
そして椅子にちゃんとお座りしてお迎えしてくれました☆



大きな口の模型で歯みがき指導。少し怖がってるお友達もいましたが、みんな歯みがきを上手にしてくれました。

そして先週行った歯科検診での虫歯ゼロのお子さまに表彰、賞状のお渡しをしました。
なんと、えみのき保育園さんのお子さま、みんな虫歯なし!
検診した院長、歯科衛生士の遠藤さんも本当に驚いてました。



小さいお子さま対象だったので、指導というよりは、歯みがきは大切なこと、そして歯みがきに興味、たのしく、食べたらみがこうをお伝えできてればと思います。

最後に歯ブラシをお渡しするときの、お子さまの食いつき。
興味をもってくれてるのがとってもうれしかったです。
これからキレイな歯を大切にしましょうね☆

投稿者 読売ランド前駅すぐの「けやき歯科」 | 記事URL

2019年1月16日 水曜日

◇誤嚥性肺炎とお口のケア◇

こんにちは、山中です。
けやき歯科1階にブラックボードを設置させて頂いてます。
今月は
「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」です。

ゆっくり読むことができない方は、ぜひ配布用お持ち帰りください☆

誤嚥性肺炎とは、口腔内の唾液や細菌が誤って気道に入り込むことで起きる肺炎です。
誤嚥は特に夜間に起こりやすく、誤嚥を起こしても「むせ」などの自覚症状がないことがあります。
これを繰り返すと誤嚥性肺炎を起こします。
また、胃の内容物が嘔吐により気道に入った場合にも誤嚥性肺炎が起こることがあります。
食前、食後の口腔ケアと食事中の誤嚥防止が大切です。

口腔ケアの目的は、むし歯や歯周病の予防だけではありません。

口臭の予防、味覚やお口の中の感覚の改善、口腔内細菌による誤嚥性肺炎などの全身疾患の予防、生活のリズムを整えるなど 口の中を清潔にするだけでなく、歯や口の疾患を予防し、口腔の機能を維持することにあります。
また次のようなメリットもあります。

◆口腔と咽頭の細菌数が減少する。
咽頭は鼻や口を通して直接、外と接するところなので、感染を起こしやすいところです。
気温の変化、寝不足や疲れなどで抵抗力がおち、細菌やウィルスが感染すると、のどが赤く腫れます。
ケアをすることにより、細菌数が減ることがわかっています。

◆舌や口唇などの口腔機能が改善する。
食べる量が増え、栄養状態もよくなり、免疫力が上がる。

虫歯や歯周病予防のブッラシング以外にも、入れ歯の方は入れ歯を清潔に保つことも、口腔内の細菌を減らす効果があります。
また口腔内の舌、粘膜もスポンジやガーゼ等による清掃で、マザージ効果もふくめ、唾液を促し味覚の向上や口内炎や粘膜の炎症を軽減できます。
口腔ケア後の保湿剤ジェルの塗布も、口腔乾燥のある方にはお勧めします。
そうしたトータルケアにより、誤嚥性肺炎を含む疾患を防ぎながら軽減できます。

特に高齢者の方は、義歯、インプラント、入れ歯など調整することにより、唾液の分泌が増えたり、噛み合わせがよくなり、栄養状態が改善するなど様々な効果があります。
口腔ケアを効果的に行うことにより、虫歯や歯周病の予防だけではなく、そのほか誤嚥性肺炎などの予防につながり、また認知症の予防、日常生活リズムの確立、生活意欲の向上にもつながります。

歯が痛い歯ぐきが腫れたなどいったことの他にも、食べにくい、飲み込みにくい、むせやすい、などおかしいと感じることがありましたら早めにかかりつけの歯科医院に相談して治療を受け、その後の口腔ケアについても相談してみるようにしてみてください。

治療ではなく、予防で歯医者さんに通って、健康な歯とお口を保っていきましょう!

投稿者 読売ランド前駅すぐの「けやき歯科」 | 記事URL

2019年1月 8日 火曜日

◇新年のご挨拶◇

新年明けましておめでとうございます。

けやき歯科は、皆様の支えにより、おかげさまで今年で8年目を迎えることができます。

今年も一人でも多くの患者さんに笑顔を提供できるよう、温かで質の高い医療を提供して参りたいと考えております。

院長、スタッフ一同皆様のご来院を心よりお待ち申し上げております。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。


投稿者 読売ランド前駅すぐの「けやき歯科」 | 記事URL

2018年12月18日 火曜日

◇今月のブラックボード◇

こんにちは、山中です。
けやき歯科1階にブラックボードを設置させて頂いてます。
わかりにくいかもしれませんが、実は毎月内容が変わっています。
ゆっくり読むことができない方は、ぜひ配布用お持ち帰りください☆

ちなみに今月は
「眠ってしまう人続出!?PMTC」です!

ちゃんと歯を磨いているのに虫歯や歯周病になってしまった。。。と感じたことはありませんか?

虫歯と歯周病の原因であるプラーク(歯垢)は、家庭で行うブラッシングだけでは100%落とすことはなかなか難しいものです。
また成熟したプラークは細菌バイオフィルムと呼ばれ、ブラッシングでは取れにくいことがわかっています。

そこで定期的なPMTC(プロによる歯のクリーニング)をお勧めしています。
歯垢や歯石はもちろん、自分ではなかなかとれない茶シブやヤニ、苦手なところの磨き残しをきれいにするのが、PMTCという歯と歯ぐきのクリーニングです。

ムシ歯菌や歯周病菌がすみついている歯垢は、表面がツルツルのところにはつきにくく、ザラザラしたところにくっつきます。
細菌は目に見えないくらい小さいので、私たちが「充分きれいになったな」と感じる自己流の歯みがきをしても、細菌にとってはすみやすい場所がまだまだたくさん残っているのです。

こうした、歯の表面のザラザラや磨き残しの歯垢を特殊な専用の器械でツルツル、ピカピカにします。
歯と歯ぐきの境目もきれいに洗い上げますから、歯周病菌が住みにくい環境になります。
茶渋やタバコのヤニ、ワインなど、軽い着色もきれいになります。

お口の状態は、年齢や治療の経過とともに少しづつ変化します。
いざという時痛みがでないよう、これから先も健康な歯を保つために、定期的なメインテナンス、PMTCもおススメします。


投稿者 読売ランド前駅すぐの「けやき歯科」 | 記事URL

2018年12月 4日 火曜日

◆「ご近所ドクターBOOK」のご紹介◆

スーパー、ドラッグストア、書店などの店頭で「ご近所ドクターBOOK」というフリーペーパー見かけたことありませんか?
お子さまのいる方は幼稚園などで配布されることもあると思います。

コンセプトは『安心・頼れる かかりつけ医をみつけよう』。
年間保存版で地域密着型の医療機関専門のフリーペーパーです。
好きな本や休日の過ごし方など、先生の素顔も見られる誌面構成が特徴。
既刊エリアの読者からは、「先生の人柄までも伝わってきて良い!」「自分のかかりつけの先生が載っていて嬉しかった」と大変好評です。

急な怪我や病気で近所の医院を見つけるのに、ご家庭にあると安心な一冊です。
無料というのも助かりますね。
当院も毎年掲載されております。
ブックスタンドに設置してあるのでご自由にお持ちください☆




投稿者 読売ランド前駅すぐの「けやき歯科」 | 記事URL

安心して治療を受けて頂くためにカウンセリングにしっかり時間をかけています。 Keyaki Dental Clinic けやき歯科 10:00~13:30,14:30~18:00 月火水木土 19:00~22:00 月火水木 電話番号 ホームページを見たとお伝えください 044-953-5415 小田急線「読売ランド前」駅南口目の前
お問い合わせ・ご予約 044-953-5415
カード情報

大きな地図で見る■住所
神奈川県川崎市多摩区西生田3-9-27リュミエール2階
■受付時間
 9:00~13:00/14:00~17:30
18:30~22:00
■電話番号
044-953-5415

詳しくはこちら