けやき歯科BLOG

2013年9月12日 木曜日

☆デンタルフロス☆読売ランド前 けやき歯科のブログ

こんにちは(^-^)v
今日はデンタルフロスについてのお話です。


みなさんはご存知ですか???
ブラッシングだけでは歯と歯の間のプラークはきれいに落とすことが出来ません。
しかし、虫歯や歯周病の多くはこの歯と歯の間から起こるのです。

歯みがきというとどうしても歯ブラシで歯を磨くことを想像してしまいますが、「正しい歯磨き」は「ブラッシング&フロッシング」です。





*デンタルフロスの使い方Ⅰ*

まず40~50cmくらいフロスを出し(指先からひじまでが大体の目安)端を指にクルクルっと巻きつけます。

そして歯と歯の間にフロスを挿入するのですが、この時に気を付けて挿入しないとフロスが勢い良く入って歯ぐき傷付けてしまいます。


※ そうなるのを防ぐために、フロスをゆっくり前後に動かしながら挿入するようにしましょう。

※ 糸の間隔をできるだけ短くした方が挿入しやすくなります。





*デンタルフロスの使い方Ⅱ*

デンタルフロスが挿入できたら、フロスが歯ぐきに少し隠れるくらいまで奥に挿入します。

歯についたプラーク(歯垢)をこすり落とすよう に歯に沿わせながら上の方へ移動させていきます。 これを4~5回繰り返します。

※ 一度使った部分は指などでクルクルっと巻き取って、別の場所を フロッシングする時はフロスの新しい部分を使うようにしましょう。





■ デンタルフロス使用上の注意点 ■


・歯ぐきから血が出る場合


今までフロッシングをしていなかった人がフロッシングを始めると、多くの人が 出血します。 これは、ブラッシングだけでは取りきれなかったプラークが原因で歯と歯の間に炎症が起きていることが多く、この炎症部から出血するためです。

始めのうち出血するのは気にする必要はありませんが、いつまで経っても出血するような場合にはフロッシングのやり方が間違え ていたり、その部位に何らかの歯科的問題があることが考えられますので、一度 歯科医院へ行って歯医者さんに見てもらってくださいね。





・フロスが引っかかったり切れたりする場合


隠れた虫歯が あったり、合っていないクラウン(差し歯)やインレー(詰め物)などが入っていたりすることが考えられます。

この場合も歯医者さんに見てもらう必要があります。放っておくと、その部分が高確率で虫歯や歯周病になってしまいます。





・歯と歯の間の隙間が大きい場合


歯周病の既往がある場合などで、歯と歯の隙間が大きい人の場合には、デ ンタルフロスではなく歯間ブラシをおすすめします。

デンタルフロスでも歯周病予防の効果はありますが、歯間ブラシのほうがさらに高い予防効果があるからです。

必要以上に大きなサイズの歯間ブラシを使ってしまうと、歯ぐきにダ メージを与えてしまうこともあります。歯間ブラシの使用に関しては歯科医や衛生士にご相談くださいね。



日本ではデンタルフロスがあまり普及していませんが、歯科先進国であるアメリカやスウェーデンでは当たり前になっています。
みなさんもデンタルケア始めてみませんか(*^O^*)


投稿者 読売ランド前駅すぐの「けやき歯科」

安心して治療を受けて頂くためにカウンセリングにしっかり時間をかけています。 Keyaki Dental Clinic けやき歯科 10:00~13:30,14:30~18:00 月火水木土 19:00~22:00 月火水木 電話番号 ホームページを見たとお伝えください 044-953-5415 小田急線「読売ランド前」駅南口目の前